大理石の表面

Blog
プラスナインブログ

プラスナイン ロゴ

大阪メンズ眉毛サロンプラスナイン心斎橋本店

  • Instagram
  • line
  • +9

眉毛を整える道具をプロが解説!失敗しないメンズ眉毛の整え方


カウンセリングを受ける男性


最近では男性でも眉毛を整える方が多くなっています。


しかし、眉毛を整えるのに失敗し、恥ずかしい思いをしている方も少なくありません。


そこで本記事では、眉毛を整える際に必須となる道具について解説し、失敗しないメンズ眉毛の整え方を紹介していきます。


これから眉毛を整えたいと思っている男性は必見の内容です。






▪眉毛を整えるために必要な道具

まず、眉毛を整えるために必要な道具を紹介していきます。



▫眉毛用ハサミ



眉毛をカットし、整えるのに欠かせない道具です。シザーとも言います。


刃の先端が細くカーブ状になっているものが多く、毛先の細かな調節がしやすいです。複数の毛をまとめてカットしたいときにも使うことができ、大まかな毛の調節にも向いています。



▫コーム


眉毛の毛流れを整えるのに便利な道具です。


カット時に眉毛の流れを整え、長さが不均一な毛を確認します。ハサミと組み合わせて用いることが多いです。毛の流れを整える際にはコームの代用でブラシを使うこともあります。



▫シェーバー



短時間に広範囲の眉毛を剃ることができる道具です。


細かい眉毛や産毛などの処理はハサミでは難しいですが、シェーバーであれば簡単に広範囲を処理することができます。カミソリも同様に使うことができますが、一般的にシェーバーの方が肌に優しく、安全に使うことができます。



▫毛抜き



細かな部位の眉毛を取り除くのに便利な道具です。ツィーザーとも呼ばれます。


毛を1本1本抜いていくため、ピンポイントで狙った毛を処理することができます。根元から毛を抜くため、新しく毛が生えてくる速度が遅くなるのも特徴です。



▫ペンシル



目標とする眉毛を下書きするために使います。


カット前に下書きをしておくことで、失敗を未然に防ぐことができます。また、メイクとして使うこともあります。








▪眉毛を整える道具を選ぶポイント

次に、先程の眉毛カット用の道具について、選ぶポイントを解説していきます。



▫眉毛用ハサミ


眉毛用ハサミは先端の形状で選ぶことがポイントです。


先ほど説明した刃の先端がカーブ状のものは「カットハサミ」と言います。複数の毛をまとめてカットしたり、毛先を細かく調節したりするのに向いており、汎用性が高いのが特徴です。その他にも以下のようなハサミがあり、用途に合わせて選んでいきます。


  • カットハサミ:先端が先細りになっており、1本1本の毛を細かく狙ってカットできる。ストレートタイプとカーブタイプのものがある

  • セーフティハサミ:先端が丸くなっており、怪我をしにくく安全に使える

  • コーム付きハサミ:コームとハサミを片手で操作でき、初心者でも扱いやすい


※コーム付きハサミはコームとハサミの配置が逆の左利き用もあるため、左利きの方でも使っていくことができます。



▫コーム


コームは素材、サイズ、付属機能をチェックして選ぶことがポイントです。


素材にはプラスチック製と金属製のものがあります。プラスチック製のものは軽くて扱いやすく、腕が比較的疲れにくいです。金属製のものは櫛目が細かく、眉毛の流れを整えやすくなっています。


サイズにはロングタイプとショートタイプがあります。ロングタイプは持ち手部分が長く、手の大きさにかかわらず持ちやすいです。ショートタイプは持ち手部分は短いですが、その分持ち運びやすくなっています。最近では両タイプの特徴を束ねた折りたたみ式もあります。


付属機能としてはコームにブラシがついたもの、コームにハサミがついたものがあります。これらは1アイテムで2つの役割を果たすため、片手で扱うことができ、初心者の方でも比較的容易に使っていくことができます。揃える道具が少なく済むのも利点です。


それぞれの観点から特徴を把握し、自身に合ったものを選んでいきましょう。



▫シェーバー


シェーバーを選ぶポイントは刃の長さと防水性能、コームの有無です。


刃の長さは短い方が細かい部分を剃ることができます。剃りすぎて失敗することも起こりにくいです。刃が長いものは広範囲を剃ることができますが、眉毛の剃り具合の調節が難しく、扱いはやや難しくなっています。初心者の方は刃の短いものを使用するのが無難です。


防水性能については、あった方が付着した毛を水洗いできるため、掃除の手間がかかりません。掃除に手間と時間をかけたくない場合は防水性能を備えたものが便利です。


コームは付いていた方が毛の長さを揃えやすくなります。コームなしで毛の長さを揃えるのが難しい場合には、コーム付きのものを選ぶのが安全です。



▫毛抜き


毛抜きを選ぶポイントは、先端の形状と密着感、返しの強さです。


先端の形状については用途に合わせて選ぶことが大切です。以下の中から自身の目的に合ったものを選んでいきましょう。


  • 先平タイプ:広範囲の毛をまとめて抜くのに適している

  • 先斜タイプ:毛の根元が見やすく、ピンポイントで狙った毛を抜くのに適している

  • 先丸タイプ:肌を傷つけにくく、安全に使いたい方に適している

  • 先細タイプ:密集した毛の中から1本1本を狙って抜くのに適している

先端の密着感については、毛抜きの先端を閉じた際に隙間なく閉じているものを選ぶことが大切です。ぴったり閉じていれば強い力を入れることなく毛を抜くことができます。


返しの強さについては、強すぎると余分な力が入り、毛をちぎってしまう可能性があるのと、手が疲れやすくなります。また、弱すぎると開閉は楽になりますが、グリップ力が落ちるため、毛が滑って上手く掴むことができません。程よい返しの強さと、自身の力加減に合ったものを選びましょう。



▫ペンシル


ペンシルは細かい部分にも線が描けるよう、極力細いものを選ぶようにします。一般的に下書きで用いる場合にはどの色でも問題はありません。メイクで用いる場合には眉色に近いグレー系の色が無難です。








▪かっこいいメンズ眉毛の整え方


次に、かっこいいメンズ眉毛の整え方を解説していきます。


眉毛の印象を大きく左右する眉毛の形に注目し、整え方を確認していきましょう。


▫ストレート形


ストレート形は眉尻から眉頭までほとんど直線状になっており、最も男らしさの出る形になります。難しいカーブをつけることもないため、初心者の方でも整えやすい形です。太さによっても印象が変わり、太いとより男らしくなり、細いと知的な印象を与えます。汎用性が高い形です。


▫アーチ形


アーチ形は眉山がカーブしている形になっており、優しさや安心感を与えます。カーブの具合や眉尻の長さに調節の幅があるため、ストレート形よりは難しい形です。アーチ形も太さによって印象が変わり、太いと男らしさがプラスされ、細いと中性的でさわやかな印象を与えます。


▫ナチュラル形


ナチュラル形は自然の眉毛の形を活かしたものです。はみ出た毛や不揃いな毛を整える程度でできるため、初心者の方でも整えやすい形になっています。清潔感が出るため人気の形です。



▪プラスナインの施術の流れ


最後にメンズ眉毛サロン「プラスナイン」の施術の流れを紹介していきます。


大まかな流れは以下の通りです。


  1. 専門スタッフによるカウンセリング

  2. 眉毛のデザイン

  3. ワキシングによる脱毛

  4. ツィーザー(毛抜き)による脱毛処理

  5. 仕上がりの確認

  6. クールダウン

  7. 必要に応じてカット処理、メイク仕上げ



専門スタッフとのカウンセリングでは、眉毛の仕上がりを決めていきます。専門スタッフはアイブロウの知識・技術を持っているため、安心して身を任せることができます。


仕上がりが決まったら、それをもとにデザインの型取りを行います。プラスナインではイメージと仕上がりにずれが生じないよう、デザイン後と脱毛処理後は体を起こして確認するのが特徴です。


次に、デザインをもとに眉毛をワックス脱毛していきます。産毛も同時に除去できるため、眉毛がより際立つようになります。脱毛なのですぐに新しい毛が生える心配もありません。


その後、残った毛はツィーザーで1本1本丁寧に取り除き、アフターローションで毛穴を引き締めクールダウンします。


最後に仕上がりを確認していただき、必要に応じてカット処理、メイク仕上げをして終了です。仕上げの際は、自宅でのお手入れ方法や描き方など眉毛に関する様々なアドバイスをさせていただきます。





31回の閲覧